So-net無料ブログ作成
検索選択

内田康夫の不等辺三角形 [本]

      CIMG3467.jpg

内田康夫デビュー30周年記念、3ヶ月連続刊行の第3弾の「不等辺三角形」読み終えました。
内田ファンとしてはまだまだ続いて欲しかったのですが・・・・

内容紹介は
歴史の闇に消された秘密の三角形。光彦は時を越えた謎を解けるのか?!
不思議な漢詩が隠されていた“幽霊箪笥”。それを執拗に求めた2人が殺された……。

名古屋、奥松島で起きた殺人事件を繋ぐもの。それは名古屋の名家に伝わる古い仙台箪笥だった。事件解明を依頼された浅見光彦は、箪笥から見つかった謎の漢詩に注目し、その意味するところを解こうとする。そんな中、ある閃きが光彦を襲う。

まだ出版されたばかりなのでコメントを書くのは控えますが私的にはラストの犯人に対しての光彦さんの優しさも何故か物足りなかったような・・・・
今までの作品でもそうですがこれは内田先生の犯人に対する優しさの現われかな?
勿論作品としてはトテモ面白かったのですけどね。
3ヶ月連続刊行の後は暫く内田先生の作品お休みかな?
そんな事の無い様ファンンとしては願ってますけどね。
コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

コメント 3

リュカ

中国だか韓国には、箪笥にまつわる怪談話があるんだよね。
そういうのと関係してるのかなあ??
読むのが楽しみです!
応募は任せておいてね!
by リュカ (2010-04-27 22:55) 

KOTA

COYAさんへ
作品にでてくる場所や建物は全部実際にあるところばかり。
機会があったら訪れてみたいです。
内田先生の作品は内容もそうだけど観光スポットとしても面白いですよね。
明日には本が届くと思いますので楽しみにしていてください。
応募はお願いしますね。
by KOTA (2010-04-28 10:29) 

リュカ

30日に本受け取りました!
今日読みましたよ。面白かった!
実際にあるところなのですね。行ってみたくなりました。
by リュカ (2010-05-01 20:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る