So-net無料ブログ作成

佐々木譲の「真夏の雷管」&未須本有生の「推定脅威」 [本]

IMG_3644.JPG

道警シリーズ最新刊です。
「精密工具の子供の万引き、硝安の窃盗事件、消えた電気雷管。3つの事件が繋がった時急浮上する真夏の爆破事件。チーム佐伯が警官の覚悟を見せる!誰がいつどの瞬間に?刻限に向けてチーム佐伯が走る!」と帯の紹介です。
今回の舞台は札幌。地下鉄、JRと駅の名前や街並みが頭に入ってるので読んでいて面白かったです。

IMG_3645.JPG

もう一冊の本です。
初めて読む作者。
松本清張賞受賞の作品です。
史上最も戦闘機に詳しい書き手による理系ミステリーの決定版と帯の紹介には書いてあります。
この作者東京大学工学部航空学科卒業後大手メーカーで航空機の設計に携わっていた様です。
自衛隊機はなぜ墜ちたかーーー。難しいけど読み応え十分の本でした。
コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

コメント 2

リュカ

知ってる地名や街が出てくると
楽しく読めるよねー。
私も読んでみようかな^^
by リュカ (2017-07-26 16:25) 

KOTA

久し振りに面白かったよ。
「笑う警官」から始まった道警シリーズ。
札幌駅、苗穂、琴似、大通り等知っている場所を犯人が逃げ回る。
札幌エアポートも出てくるよ。
帰って来た時に持って帰ったら。

by KOTA (2017-07-26 18:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る